安心を提供します

​お医者さんという視点でのリフォーム

通常リフォームというと「きれいにする」という美容整形のような感覚ではないでしょうか?

田口住生活設計室のリフォームの考え方は

家が長持ちして住む人が快適に暮らせるようにリフォームをするという考え方です。

 田口住生活設計室では外壁工事の時も、足場をかけた後、建築士や経験豊富な棟梁が点検をして、必要があれば、大工・板金・瓦・コーキングなど、塗装以外の職人も現場に入ることがあります。

代々職人

技術と誇りを受け継いできた職人たち

当社に協力してくれている職人はみな、代々職人の家系で生まれ、父の背中を見て育ってきたものや、しっかりとした親方の元で修業を積んだ者たちです。彼らはみな、親から子へ、師から弟子へ、世代を超えてその技術と精神を継承してきました。半端な仕事は許さない、いい意味で頑固者たちばかりです。

 彼らとは付き合いも長く、中には30年以上一緒にやってきた者もいます。そしてまた、職人一人一人がお客様と長いお付き合いをさせていただいております。

 長い年月の中なにかお困りのことがございましたら、連絡一本でいつもの職人や、そのあとを受け継いだ後継者が皆様のもとにお伺いします。

職人がお客様のために仕事ができる

関わる職人がいい仕事し、お客様に最高のパフォーマンスができるように窓口にたつことが私どもの仕事だと思っています。

 いい仕事とは何か?それは『職人魂』を発揮できる。大工が自分の持っている知識と経験を120%出せることだと思っています。

そうすることが、お客様の将来の住宅環境にとって一番いいお仕事ができることだと考えています。当たり前だと思われるこのことが最近のリフォーム業者の体制だと営業が現場のことを知らないことにより、なかなかできないというのが現状です。

 田口住生活設計室では、現場に精通している代表田口による判断により、現場や住居の現状にあったご提案をさせていただいています。

 お客様も大工さんも共に喜ぶようにしていくことが最高のお仕事が提供できることだと考えております。

人生に寄り添ったプランニング

リフォームは人生設計

家というものは、人の人生の基盤であり、人生があるからこそ、家が存在します。そして、リフォームは決して安い金額ではありません。だからこそ一時的な人生プランでやるべきではないものです。

 田口住生活設計室では、お客様の長い人生に沿ったプランのご提案をしております。